マッサージの力加減

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2012年06月04日

「頭蓋骨矯正+骨盤矯正」で自律神経・ホルモンバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です。

おはようございます^^

リンパマッサージって、あまり強く圧迫したらダメなんですよね?

っと質問されたこと、今までも多々あります(笑)

「何ゆえに?」と問うと、たいていが、

「TVで、専門家の人が言ってた」とか、

「雑誌でそのように書いていた」とか、そんな返答がかえってきます。

「理由は?」と、これまた嫌らしい逆質問をいたしますと(笑)
「リンパは柔らかいので潰れてしまうから」という答えが大半であります。

確かに・・・
エステ系サロンのように「皮膚」にアプローチする場合や、
乳がん術後浮腫の方には、やんわり弱い刺激で十分です。
というかソフトに刺激しなければなりません。

表層の「リンパ」だけならね ┐(  ̄ー ̄)┌

だけど、リンパが流れるためには、
血管や筋肉のポンプ作用、関節運動などなど、
色々な所の協力があってこその作業であります。

それなのに、リンパだけしか見ないなんて、おかしくないですか?

そう、万物のあらゆる事物は、「バランス」で成り立っているのだぁヾ(⌒▽⌒ )ノ

その時、その状況により、

リンパにアプローチなのか?

静脈や動脈になのか?

それとも、膜や筋肉になのか?

はたまた、自律神経になのか?・・・etc

どこにアプローチするのかで、

スピードや方向、圧力のかけかた・・・

見ただけではわからないけども、

全然、

変わってくるんだぜぇ~

変わってくるんだぜぇ