爪(親指)のボコボコがマシになってくる訳

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2011年12月27日

「頭蓋骨矯正+骨盤矯正」で自律神経・ホルモンバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です。

おはようございます^^

爪(親指)のボコボコがマシになってくる訳は?

いつもお世話になっていますNさん、ここへ来られてもう3年半が過ぎました。
当初、顔色は悪く、慢性の肩こり、左臀部の違和感を常に訴えておりました。

そのNさんから、今日嬉しいご報告を頂きました!

Nさん
「先生、爪(親指)のボコボコと波打ってたのがマシになってきたわ」

Nさん
「昔っからデコボコやったのにすごいわぁ」

わたくし
「親指は経絡でいうと肺経なんです」

わたくし
「前に比べて、肋骨の硬さが全然良いから、肺経の流れが良くなってきたんだと思いますよ^^

Nさん
「そうやねんっ、息するのがすごい楽やねん!前は肩凝ったらすぐ息苦しなってたもん」

わたくし
「続けてきた結果ですよ^^ ちなみに肺経は大腸経と連絡し合っているので、腸の流れも良くなりますよ」

Nさん
「あっ、前は細いうんちやってんけど、そういえば太いのでるわ!これも関係あるん?」

わたくし 
「人の体って、ホント、不思議ですよね」

エールでは、肋骨という部位を重要視しています。

酸素や二酸化炭素を出し入れする肺、

栄養素を運んでくれる血液を送り出す心臓、

これらを守っている肋骨、

それらに何か問題があったら、きっと体にも問題がでるはず・・・

本来、赤血球に乗っかった酸素は、各細胞の中に存在するミトコンドリアのエサとなり、
そして、エネルギーを生産してくれています。

エネルギー生産が低下すると、冷えたり、疲れが取れにくくなってしまいます。

冷えは未病とも言われています。やがては負のスパイラルになってしまうかもしれません。

体を冷やさない為、しっかり酸素が入る体にしていきましょう!

ちなみにNさんの声はこちらです

冷え性・背中のかゆみがお悩みの松原市Nさん

背中のかゆみ 声【女性ホルモン調整に脳幹整体エール】