隔膜解放の不思議

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2008年10月01日

「頭蓋骨矯正+骨盤矯正」で自律神経・ホルモンバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です

こんばんは!^^

隔膜解放とお父さん

本日、不思議なお話をされる患者さんがおられました。

その方を、いつもの頭蓋骨調整する前にする隔膜解放という手技をしようとしたその時・・・

Dさん
「先生、この頭いじってもらうのが*私の病気にはすごく良かったんやと思う。でも、これだけ(胸郭の隔膜解放)は苦手やねん」


「・・・・???」

Dさん
「これされるとな(胸郭の隔膜解放)、死んだお父さんが私の目の前に出てくるねん。」
(目はつぶっておられる)


「この手技、随分と前から僕使ってますが、いつからそんな現象あるの?」

Dさん
「初めてしてもらった時から(約半年前から)。でも、せっかく先生がしてくれてるから言われへんかってん」


「前から、霊感みたいなのあるの?」

Dさん
「全然ないよ。これしてもらってる時だけ、いつもこんな現象おきるんよ。だから、気持ち悪いねん。」


「お父さん、怒ってるの?」

Dさん
「いや、笑ってるよ」


「Dさんの症状、神がかりで良くなったから、僕の頭の調整で良くなったんではなく、そのお父さんが治してくれたんちゃう?(笑)」*10年以上のめまい・甲状腺疾患(バセドー氏病)で悩んでおられたが、今はかかりつけのお医者さんが不思議がる程、症状は緩和

Dさん
「そうかなぁ?」

隔膜解放をしている時に心にあるうっ憤などを話されると、スッと動きがでることがありますが・・・このようなケースもあるんだと勉強になりました(笑)

確か、細胞にも記憶がある(=意思を持っている?)

と言われています。

生き物は見たり、聞いたり、感じたりするのはすべて電気刺激となり脳に連絡されています。

僕は施術する側のどうにか楽にしてあげようという見えない気(微弱な電気)や術者のイメージ力や自信こそが、相手の細胞に電気刺激で伝わって、その人の細胞を活性化させ、自己治癒力をあげていると思ってなりません。

また、患者側も信用している・していないでその電気刺激を素直にキャッチ出来る・出来ないにかかわり、効果も相乗効果・半減に影響されると思います。

信じるものは救われる

同じアホなら、おどりゃな、損!損!

ですね(笑)