患者はウソをつく?

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2009年02月10日

「頭蓋骨矯正+骨盤矯正」で自律神経・ホルモンバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です

こんばんは!

股関節の亜脱臼

当初、左肩、左でん部の痛みを訴えて来院されたSさん、まず、姿勢チェックから始めると・・・

んんっ、右の股関節がおかしいいような?
問診しても、右股関節は全然痛くないとのこと??

昔、自分が通っていた学校の先生の口癖「患者はウソをつく」を思い出し、
さらに詳細に右の部位について問診していくと・・・


「些細な事でもいいから、右に違和感とか何かないかなぁ?」

Sさん
「左は痛いけど右は何も痛くないし・・・」
「あっ、でも自転車乗ると右股付け根がコリコリと音がします!」


「あらっそう、ちょっと、仰向けに寝てもらえますか?」

足先からチェックしてみると、右の小指側の中足骨に制限あるので、


「ここって、痛くないの?」

Sさん
「あっ、そこ長い事歩いたりすると、すぐに痛くなります!」

股関節の位置もチェックしてみると、やはり、おかしい。


「ここ、やっぱりおかしいよ」

Sさん
「そう言えば、小学校の時、だんじりの練習でコケて以来、たまに右付け根がしびれます」

ってな感じで、次から次へと出てきます(笑)

 まさしく「*患者はウソをつく」ですね。

*わざとウソ振るのではなく本当の主訴を患者さんは知らない。

ちなみに、この方は20代という事もあり、初回に股関節の亜脱臼を調整しただけで
左骨盤下がりが治り、2回目にお尻の痛み消失、3回目には肩の痛みもなくなり、
今では、子供の頃から生じていた足のしびれも全くなくなったとのこと。

本人も今までのは何だったの?と不思議がっておりました(笑)

自己治癒力旺盛な若い内に、調整する!

これって大事ですよ〜^^