産後に骨盤矯正する理由

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2011年01月14日

「頭蓋骨矯正+骨盤矯正」で自律神経・ホルモンバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です

おはようございます!

産後の骨盤矯正は大事です!

先日、ご来院になりました産後5ヶ月になるMさん、
今まで腰痛知らずだったようですが、赤ちゃんを産んでから腰痛と膝痛になったようです。

初診時、彼女の姿勢バランスを見てビックリ。

骨盤が大きく後傾し、バランスを取る為に大腿骨は前に大きく傾き、それでもって、大腿骨の前傾を相殺するように脛骨が後ろへ後わん(反張膝)されていました。

そこに元々なのか??
右股関節に制限がある為、左に体重が流れてしまい、体重を受ける軸にも微妙なズレが。

そりゃ、腰も膝も痛くなるはずです。

膝が痛くなった当初から、整骨院に行っていたようなのですが、
患部のマッサージをしてくれるものの痛みはすぐに再発。

こういう場合、まずは前わん・後わん・左右のバランスが悪いので、
まずは、その波を小さくしてあげなければならないと思われます。

彼女の場合、どうも授乳時の姿勢が骨盤の後傾を助長しているようだったので、

  • 骨盤の過剰な傾きをキーポイントとし
  • 大腿骨と脛骨のバランス
  • 右股関節の調整
  • 四頭筋や腰筋等の筋肉調整
  • 後傾しすぎないような姿勢のセルフケア

上記3点を重点的に調整することに努めたところ、3回目に痛みはほぼ無くなったようです。
産後まもない頃の調整だったので、早く効果があらわれたのかもしれませんね^^

出産時には緩んでいた骨盤のじん帯、月日と共に元の固さの状態に戻ろうとします。
その時、左右・前後・回旋のバランスに不具合があると、どこかに負担が過剰にかかり、
それが長い年月と共に、大きなズレになりかねません。

この時期のバランス調整、めちゃくちゃ大事ですから!