骨格バランスとタコ

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2010年08月03日

「頭蓋骨矯正+骨盤矯正」で自律神経・ホルモンバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です

こんばんは!

骨格バランスとタコ

本日、ご来院されましたNさん、
彼女は東京の某体育大学で剣道をされています。

ちなみに去年は個人の部で全国優勝されたそうです。

2週間ほど前から、軸になる左足の拇指に力が入りにくくなってきたそうで、
神経や骨に何か異変!?とお母様がご心配されて当院へ来られたようです。

力が入りにくくなってきた2週間前の状況をお聞きしましたところ、左拇指裏を火傷した為、小指側に体重を乗せて生活をされていた模様。

触診してみると、あきらかに左拇指と第二指の可動性が減少、そして腱が過緊張状態に。

かばっていた右腰・股関節まわりと左拇指まわりの筋肉調整とモビリゼーションをし、確認の為、力が入らなかった構えをとってもらい、如何なものかお尋ねしましたところ、「あっ、いい感じです!」ということなので終了。

察するに、元々、剣道の構えから左拇指を酷使しているところへ(反復して左拇指で蹴り出す為)、火傷の影響で、拇指裏を浮かすような何とも不慣れな形で練習されていた事がさらにその周りの腱や靭帯に負担をかけ、関節制限に及んだように思われます。

足裏を観察しておりますと・・・

前足にあたる右足で踏み込み、かかとを床に叩く結果、かかとに大きなタコが。
逆に、左足かかとは女性らしいきれいな足裏なんです(笑)
ですが、拇指で蹴り出すつま先側は皮膚が分厚くなって硬い感じに。

体は正直ですね!
足裏のタコが今回のポイントを教えてくれました(笑)