腎の流れは水(血やリンパ)の流れに関係する!

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2011年05月24日

脳幹を整えて自律神経&女性ホルモンのバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です。

こんばんは!^^

腎の流れとむくみ

本日、来院されましたTさん、彼女は、いつも当院でリンパマッサージを受けると、翌日には小便の量がすごいんだそうです。下品な言い方ですみません(><)

ちなみに、小便だけで1kgぐらいは落ちてるそうです。

元々、極度な冷え性、血圧も低く、むくみやすい彼女。
そこへ、猫背+内臓虚弱でもあります。

おそらく、腎の流れが悪いように思われます。
そうなると、排泄作用にも悪い影響が・・・

当院では、このような症状の方には、下腹部を押し上げるように刺激を与えます。

腎臓の位置【堺市整体院エール 図】

その刺激が腎臓の毛細血管を拡張させるのか?

本来、尿となるはずの老廃物が速やかに尿管に移送され、体外にスムーズに排泄されるようになるのだとわたくしは思っております。(自分の経験に基づく事なので定かではありませんが、、、)

また、血管やリンパ管は平滑筋と言う筋肉であり、
平滑筋は髄意筋などと違って、自分の意志では伸縮できず、

自律神経が伸縮作用に大きく係わってきます。

よって、自律神経にもアプローチすることが出来れば、毛細血管は伸縮され
むくみの軽減にもすながるのだと思います。*当院では頭蓋骨へアプローチします

アプローチする部位、スピードや圧、方向、心理作用・・・などなど
いろんな事を加味すれば、同じリンパマッサージでも全然違ってくるんですよ^^

ホント、面白い仕事であります!