顎(ガク)関節が歪めば、ホルモンバランスも乱れます!

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2016年02月19日

脳幹を整えて自律神経&女性ホルモンのバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です。

こんばんは!^^

顎(ガク)関節の重要性

耳の穴の前に、口を開くとカクッと凹む場所があります。

そこが顎関節です。

口を開ける時、その凹み(図の青矢印)に左右両方の指を充てがい、
左右同時にカクッとなれば正常です。

顎関節の仕組み

もし、左右でズレてカクッとなるようなら、
おそらく顎関節に問題があると思われます。

ひょっとしたら

・片側ばかりで噛むクセ

・頬杖してTVを見るクセ

・夜間の歯ぎしり・食いしばり

・猫背や下向き姿勢が多い

・骨盤が左右(横)にズレている

などの原因があるのかもしれません。

この関節の問題で

・顎が外れる
・口が開きにくい
・開ける時、痛い
・頭痛・肩こり

などの症状を引き起こします。

また顎関節は・・

上記の症状だけにとどまらず・・

様々なことを引き起こします。

顎関節は側頭骨と関係しているため

・咬筋
・頬筋
・内&外側翼突筋
・側頭筋

などのそしゃく筋によって噛み合わせ運動を機能させています。

咬む力が落ちれば、歯に力が入らず力の伝達能力は落ちます。
最近のアスリートは噛み合わせをかなり重要視されているほどです。

顎関節の筋肉

側頭筋

また、側頭筋が緊張すれば、

耳の血流を低下 ⇒ 耳鳴りやメニエル氏症候群

目の血流を低下 ⇒ 目における諸症状

外側・内側翼突筋が緊張すれば、

口の中からそれらの筋肉が縮んだ側にトルコ鞍を引っ張ります。

*トルコ鞍とは脳下垂体が存在している部位。

トルコ鞍

その結果、

ホルモンに関する「脳下垂体」にまで影響が出てしまうということ!

につながるんですよ^^

更年期障害や生理不順、不妊…などのホルモンバランスが乱れている方、
実は「食いしばりが原因だった!」と言う可能性だってありますから^^

そんな方は是非一度、クラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を受けて見てくださいね。

顎関節はかなり重要な部位ので、次回のブログに顎関節のセルフ調整法を綴ります^^