横隔膜の重要性

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2014年05月27日

「頭蓋骨矯正+骨盤矯正」で自律神経・ホルモンバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です。

こんにちは!

呼吸が小さいと…

呼吸について、あまり意識されていない方も多い気がいたしますので、今日は呼吸の必要性についてお話させていただきます。

まずはじめに、呼吸の為の最重要筋って知ってます?

・・・

それは、横隔膜。。。

横隔膜正面 図【整体院エール】横隔膜 図【堺市/整体院エール】

【横隔膜】

・呼吸の為の最重要筋。
・胸とお腹の境界にある筋肉。
・大動脈・大静脈・食道が通る。

吸う

⇒ 横隔膜が下がり肺に空気が入りこむ。

吐く

⇒ 横隔膜が上がり肺から空気が押される。
従って、横隔膜の上下運動が小さいと・・

呼吸が浅くなる

血流低下(上下を貫く大動脈・大動脈)

内臓・筋肉への栄養・酸素の低下

内臓疲労・筋肉疲労

骨格歪む(体軸不安定)

代謝低下・コリ・痛み
というような、様々な悪さをしてしまいます。

よって、、

・猫背で腹部を圧迫している方
・肥えてお腹が出っ張ってる方
・肋骨がねじれている方

横隔膜の上下運動が邪魔され、コリ・痛み・代謝低下を引き起こしているかもしれませんよ(><)

久々に、「フゥゥー&ハァァァ!!!」

昔、やせると一世風靡した「ロング○レスダイエット」

やっちゃっいましょう!
本当に理にかなった健康体操ですよ^^

そして、

横隔膜を上下に動かすよう命令するのが、首の頸椎4番です。

ゆえに、

首に歪みがある方

首がめちゃくちゃコッている方

十分に、横隔膜が機能をはたせていないかもしれませんよ。

そのような方はまず、首や頭蓋骨を調整してみてはいかがでしょうか?