心身症には、頭やお腹をソフトに触ること!

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2015年03月06日

脳幹を整えて自律神経&女性ホルモンのバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です。

こんばんは!^^

さて今日は、心身症について少しお話させていただきます。

心身症とは…

心のトラブル(ストレス)が身体に悪影響を与えること。

  • 眠れない
  • 生理不順
  • むくみ
  • 人前に出ると顔が赤くなる
  • 突然、心臓がバクバク(動悸)
  • 下痢と便秘の繰り返し
  • 揉んでも楽にならない肩こり などなど

では、なぜ心身症になってしまうんでしょうか?

それは…

「意識ではコントロールできない無意識が関与しているから」 ~(>_<。)

社会に出てから、あるいは、過去のトラウマや環境から、

本来、自分にとって不本意なことや心がワクワクしないことにでも、

周りと協調するために自分や自分の家族を守るために、

*無理や我慢を虐げられています。
*どう捉えるかにより違いますため、プラスに捉える方は負の感情はキツくなりません(あしからず)

そういう負の感情を押し殺すため、
忘れるために、人は無意識の中に仕舞い込むというのです。

心理学者のフロイトは、意識(顕在意識)が5〜10%
無意識(潜在意識)が90〜95%を占めていると言っています。

潜在意識と心身症

普段、私たちが意識している行動なんて、
たったの1割も満たないなんて、信じられますか?

でも、確かに意識して考えてみると、呼吸するのも、
心臓を早めたりすることも、傷を治すことも、
みんな、無意識下で行われている行為なんですね。

そう考えると、無意識の世界が圧倒的に支配している!

と言うことにガッテンがいきますよね。

だからこそ、質が悪い。。。

意識でコントロールしようとしても、

本人の気付かないホンネが「NO!」となると

無意識にストレスが生じるワケですから。

つまり、ストレスとかが大きいと、

肩の力を抜けと意識で命令しても、

無意識下では、過緊張を起こして、

肩や首、歯に力が入り、肩や首がこる

という症状を引き起こすのです。

当院には、肩こりや便秘、生理不順、動悸などで

SOSを求めて来る方が、結構来院されるのですが、

かなり多い割合で、この心身症が原因で生じているように思います。

例えば、そんなケースの肩こりで来院された場合、

相手さまの訴えを尊重して、少しはもみますが、

基本、そのコリにはあまり意識を向けません。

だって、もんだところで、

また過緊張をおこし、元の木阿弥。。

そんな事しても、イタチごっこですから。

そんな時は、

“脱力できるようなこと” でアプローチしてまいります。

脱力できるようなこととは?

お腹をさわること

頭や顔をソフトに触ること

体を心地よく揺らすようなこと などなど

主訴とかけ離れたところにアプローチすることで、

不思議と効果絶大!みたいなことも多々あります。

ようは、不安・緊張状態から起こる症状なので、

安心・リラックス状態にしてあげれば良いということなんですね。

一度、意識してみてくださいな( ̄^ ̄) ドヤッ!