二酸化炭素が少ないと脳が危ない!?

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2015年01月15日

脳幹を整えて自律神経&女性ホルモンのバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です。

こんにちは

「中枢性睡眠時無呼吸」

今日は1日雨模様。。。
こんな日って、眠たいですよねぇ。

あっ、仕事中は大丈夫です! はい、全然!!(^^;)

そうそう!

睡眠といえば、先日、試してガッテンという番組でこんなことを紹介しておりました。

睡眠中、呼吸はしているものの舌が気道をふさぐことで日中、眠気におそわれる「睡眠時無呼吸症」以外にも、いびきや日中の眠気は全くなくても睡眠中、呼吸そのものが数秒間止まってしまう無呼吸症?なるものがあるようなんです。

なぜ、そんなことが起きるのかというと呼吸の司令塔である『脳幹』がうまく働けないがために、呼吸の命令を出さなくなってしまうからなんだとか。

脳幹がうまく働けない原因は?

それはどうも、心臓に問題があるからだそうです。

心臓の働きが低下する

血液循環が悪くなる

*co2が脳幹に届きにくくなる

結果、自動呼吸マシーンである「脳幹」の働き低下 = 呼吸不全となるようです

*co2の濃度が高ければ、脳幹は毒を追い出そうとして必死に呼吸をするよう働きます。ところが、二酸化炭素の濃度が低いと毒が少ないため、脳幹は呼吸の命令を出さなくなってしまう

詳しくはこちら → 試してガッテン

こうして呼吸が止まる状態を「中枢性睡眠時無呼吸」と言うようです。

この番組のテーマと少し視点は違いますが、
この番組を見て、ますます確信できたことがありました!

それは当院にも、、、

不眠や気だるい、、、

気力がない、、、

すぐ疲れる、、、

という症状で来院する方が多くいます。

特に当院では、そのような方々には

「頭蓋仙骨療法とSOT」という手技で脳脊髄液の循環を高めることに努めます。

クラニオセイクラル【大阪堺 整体院エール】SOT catⅠ【大阪堺 整体院エール】

そして、

肋骨を緩めます!

これだけで、かなりの多くの方から

「なんか体が軽くなった!」

「元気でてきた!」

「帰って掃除できそう!」

などなど、施術後、かなりの喜びの声を聞けるため

当院では必ずと言って良いほど、

上記のような症状でお悩みの方には、

「頭蓋仙骨療法」や「SOT」という手技と

「肋骨を緩める」ことをしています。

そういう症状で悩まれている方は、この番組で言われる「心臓」そのものに問題があるわけではないですが、頭と背骨と骨盤の調整(=脳脊髄液循環促進=脳幹働きup)と、そして、肋骨の調整(おそらく、呼吸運動や心の経絡に関与)をすることで、

・脳幹の働きの向上

・呼吸器系の向上

・精神安定

となるんだと思われます。

結果、

「なんか体が軽くなった!」

「元気でてきた!」

「帰って掃除できそう!」

と言われるんやろうなぁと、ちょっと改めて、

自分のしていることに嬉しく思えた一コマでしたよ(^0^)/

今後も今のスキルをもっともっと向上してまいります!!