すごい奴!

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2009年09月16日

「頭蓋骨矯正+骨盤矯正」で自律神経・ホルモンバランスを整える大阪堺市/整体院エール 木村です。

こんばんは!

すごい奴!

盆が過ぎれば、一気に正月が来そうな感覚の今日この頃。

子供の頃、大人がそんな事を言ってたのを「何で?」と懐疑してたのが懐かしい

今年は朝晩が涼しく、非常に寝やすいですね。

そのような事をある患者さんとお話していましたら、

「太陽の黒点が影響しているかもしれないらしいですよ」と返答が。

早速、調べてみると・・・

太陽活動が低下すると地球の天候に多大なる影響を与えることが知られていますが、この1ヶ月間、なんと太陽の表面上に1つも黒点が観測されていないことが明らかになりました。黒点の数は太陽から発せられる磁気の強さとも関連しており、かなり重要な出来事だそうです。

太陽の黒点のデータは1749年からずっと集められており、前回、同じように黒点が全くなくなったのは1913年の6月であるとのこと。黒点は11年ごとに活動がゆっくりになり、数もゼロに等しいレベルまで落ちていくとのこと。しかし、通常はすばやく活動サイクルが元に戻るため、あまり問題にならないそうです。しかし今年に入ってから最初の7ヶ月はなんと黒点の平均数がわずか3つしかない状態が続き、8月にはついにゼロになったというわけ。

一体、これによって地球にどのような影響がもたらされるのでしょうか?地球への影響は以下の通り。

黒点数が減少することにより何が起きるのかというと、気温が低下する可能性があるとのこと。

というのも、気候学者のAnthony Watts氏によると、TSI(太陽の放射束密度の合計)に対する太陽黒点の影響は無視できるが、太陽の磁気圏の減少は地球の雲の編成に影響し、気候にも影響を与えるとのこと。この理論は、もともと、物理学者であるHenrik Svensmark氏が提案したもので、昨年にSvensmark氏が行った「SKY」という実験によると、銀河宇宙線が雲成長を促進する分子クラスターの化成を増加させることを証明した、としています。

さらに、フィンランドのオウル大学の太陽物理学者Ilya Usoskin氏によると、宇宙線と地球上の雲量の間には相関性があり、「より多くの放射線はより多くの雲と等しい」そうです。

遥か彼方にあるというのに・・・
惑星太陽、すごい奴です。

そして、その太陽光の恩恵を唯一受け、生命体が存在する我が地球。

しかも、数ある生命体の中から最高次元である「人」として生まれる事が出来、
なおかつ、無数の精子の中から自分だけが選ばれてこの世に存在する。

ましてや、平和な国日本というところで・・・

俺ってすごい奴!

と単純な僕は思うのです(笑)