コロナで死なない人がワクチンで死んでいます!

カテゴリー:整体ブログ 公開日:2021年04月24日

こんにちは
脳幹を活性化し、自然治癒力を高める大阪堺のバランス整体院エールの木村です。

去年の緊急事態宣言から早一年、、、
一向に収束の兆しを見せないコロナですね(怒)

 

ワクチンを待ち望んでいる方も多く見かけますが、
正直、私は現段階ではワクチン接種に疑念を抱いている一人です。

ちょっとね。。。
本来のワクチンができるまでのプロセスをぶっ飛ばし過ぎています。

先週のニュースでもやっておりましたが、
当院患者様のお友達のお知り合いの看護師さんが、
ワクチン接種後、4日後に自宅で亡くなっていたようです。
基礎疾患もない30前後の女性がですよ!

 

コロナなんかでは死なない元気な方がワクチンで死ぬなんて
到底、納得できません!

 

しかも当初、脳出血で処理され、
ワクチンとの因果関係は不明と言われたようです。

当初から、打ちたくなかったようですが、
病院の方針というか、打たないといけない雰囲気というかね、、

 

何だかなぁ。。。

 

コロナ陽性と認定されれば、最終的に癌で亡くなってもコロナ死者に換算されるのに、
ワクチンで亡くなれば、因果関係は不明とあやふやにされる。

 

そんなもの、自分は打ちたくない!

 

本当はこんなこと、不安を煽るようなことを言うことは、
当院にとってはデメリットでしかないので、大人しく静観しておけば良いのだけれど、、、

 

でもそれって、人の体をケアする立場なのに、、、
ホンマにこれで良いんか?と葛藤している自分がいます。

 

だから、ブログで吐露します^^;

 

ちなみにコロナに感染して何らかの症状がある方の確率ってどれくらいの%かわかります?

発症率はせいぜい、0,0003%です! 無症状の陽性者は別ですからね。
感染症状がある方の確率です!(当然ですが死者ならもっと低い確率ですよね)

詳しく知りたい方はこちら → https://www.yell-sakai.com/4279/ 

 

それに比べて、ワクチンで亡くなった方は、2月17日から4月7日までで計6人。
因果関係なしで済まされている方がいたら、もっといるのでは?と勘ぐってしまいます。

4月9日、厚生労働省の専門部会に提出された報告書《新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要》。それによると、医療従事者への接種が始まった2月17日から4月7日までの間で、接種後20日以内に6人が亡くなったという。

詳しくはクリック

 ↓↓↓↓↓↓↓

新型コロナワクチン 接種後20日以内に死亡した国内6例の詳細

 

そしてこれは、ファイザー元副社長の今回のワクチンに対しての発言です

ワクチンの必要はありません、Covidは効果的に上:元ファイザー副社長


*自動翻訳したコピペです。
元ファイザーVP:「ワクチンは必要ない」「パンデミックは事実上終わった」ファイザーの元副社長でアレルギー呼吸器のチーフサイエンティストであるマイク・イェドン博士は、普遍的なワクチンの推進には「悪のささやき」があり、彼は「悪のささやき」を持っていると述べています。
2020年11月23日 (LifeSiteNews) –ファイザー製薬は、COVID-19ワクチンのリリースが間近に迫っていることを発表する見出しを立てながら、同社の元副社長兼チーフサイエンティストは、COVID-19パンデミックを終わらせるためにワクチンの必要性をきっぱりと拒絶しました。
最近の記事では、「世界最大の製薬会社の一部で新しい[アレルギーおよび呼吸器]薬の研究をリードして30年以上を過ごし、「この分野で最も上級の研究職」でファイザーから引退したマイケル・イェードン博士は次のように書いています。
パンデミックを消すためにワクチンを全く必要としない。こんなにばかげたことがワクチンについて話されているなんて聞いたことがない。病気の危険にさらされていない人にワクチンを接種しないでください。また、人間の被験者に対して広範囲にテストされていないワクチンで、何百万人もの健康で健康な人々にワクチンを接種する計画も設定していません。

 

コロナで亡くなる可能性のあるご年配の方や基礎疾患のある方はともかくとして、
元気な働き盛りの世代は、真剣に考えるべきではないでしょうか?